印藤勢の新奇録

音楽「を」食べています

愛されないと愛せない?

”必要とされないかもしれないけどっ…!”


という面持ちで、集中力のゲインをMAXで表現していたのは15年前

”必要とされないけど、僕はまだここにいるんです!”

という懺悔を抱えて表現をしていたのが10年前

”必要とされたい…”

という淡い期待を込めて表現を続けていたのが5年前

20年近く、音楽(ここではライブの話しに終始する)と自分なりの方法で向き合って来たけれども、結果として、今の時点で、身に沁みたことは、

「局地的に、自分を追い詰めてもダメ」

ということです。

いいライブをしたい、というのは、あくまで幻想(借り物の言葉)で、普段から、日頃の行いから、試されているのは、言うまでもない、今なら、確信を持って、そう言えます。

だから、たった一言、

”続けていて良かった”

続けていられる要因は、言わずもがな、周りの皆さんのおかげで、続けたい、と思えるのも、同義語なんじゃないでしょうか。

長くやることが、かっこいいとは思わないけど、結果、自分を追い詰めて、身を滅ぼしたのは自分なので、

”いつか終わりが来る”

ことを前提に、日々精進したいものです。

日々の錬金術、それがライブ

それ以外は全て捨てる。