印藤勢の新奇録

少数精鋭のロマンス

隣の人は知っている

ちょっと前に、何かで読んだ文章、


”芸能人が、ロックっぽいことをしても、全くリアルを感じないように、僕らが、芸能人みたいなことをしても、それは全くエンタメではない”

そんなことをたまに思い出す機会があります。

否定ではなく、その世界、その分野には、ちゃんと、役割やプロフェッショナルが存在する訳で。

自分が言うまでもなく、餅は餅屋なのだから、分をわきまえた上で、今は、最早、何度も書いてきたように、”πの大きさよりも、πの濃さ”に興味がある、用事がある。

故に、”πの濃さ”をどう作るか?、どう計るか?

f:id:indosei:20180417174108j:plainf:id:indosei:20180417174138j:plain


ヒントも、答えも、自分の隣の人が、よ〜く知っているんだと思います。






そんなタイミングが、一つの夜に合流する日

f:id:indosei:20180417174421j:plain


2018年5月13日(日)
吉祥寺WARP×INOGASHIRA CREW presents
「Combine our power.」

マシリト
STONEDZ(MEGA-G&DOGMA&DJ琥珀)
裸体のシルエット
AYNIW TEPO

【DJ】
RYUJI(rega)

ADV/DOOR/¥2200/¥2700
OPEN/START/18:00/18:30

いよいよ、時代は動いた。