印藤勢の新奇録

音楽「を」食べています

小銭よりも足りない頭で

さすがに体調を崩しましたね(笑)


まあ、よくここまで持ち堪えてくれた自分の身体って感じなんですけど。

趣味はジョギングで、多いときには週2、週3で走ってはいるものの、蓄積系の疲れには勝てないなと。

パブロンゴールド、ガブガブ飲んで、とにかくゆっくり休む。

たまには、何もしない1日、部屋の掃除とか、新しいパンツを買いに行ったりとか、自炊したり、青葉市子さんの動画を耳元で再生しながら、ウトウトしたり、そんな誰も知らない、誰にも会わない休日でした。

バンドのこと、サッコミュを始め、色々お手伝いさせて貰ってること、思い返してみれば、”そこそこ”思い通り(に行かない部分は言わないだけですが)にことが進んで、ちと、一休み。

腰を据えて、次のステージヘ、ステップヘ、登り方を考えないといけないタイミングかと思います。誰宛の手紙でもないけれど。

最近、よく聞かれるので、今の自分の立ち位置というか、衝動や意欲、モチベーションみたいな答えは、全て「性善説を確かめる為の体を張った社会実験a.k.a.単独テロ(笑)」とうそぶくのですが、実際、照れ隠しでもなんでもなく、わかりやすく言えば、本当そんな感じです。

崇高な活動や、高尚な意味じゃないです。

正直に生きてみよう、という当たり前のことなので、人や物に執着せず(元来、とても執着するタイプなので)目の前にあることを淡々とこなす。今は、ただ、それだけの低燃費な生活です。

f:id:indosei:20180311234127j:plain


良い塩加減でパスタが茹でれたときの喜びや、クソ微々たる変化の模様替えをしたり、友達が、家に遊びに来てくれて、何時間も、音楽の話をしたり、死について考えさせられたり、贅沢です。

否が応でも、3.11、震災のことを思い出します。

全て、贅沢です。今、生きている喜び、漠然とした虚しい気持ちを人混みの中で確かめるように、自分は何食わぬ顔で、ドンキホーテのレジに並びながら、小銭が足りるかとか、そんな贅沢なことを、毎日、毎晩、毎分毎秒、気にしている。

”憂鬱を味わえ”

そんな声が聞こえた気がしました。

それも、また、贅沢。