印藤勢の新奇録

音楽「を」食べています

イベントのお知らせ(day2)

f:id:indosei:20181108010431j:plain


↑アライヨウコさん、お手製のフライヤー(感激)

それでは、イベント新奇録のご案内その2です。

f:id:indosei:20181108010632j:plain


【day2】

①tetote
19:00-19:25

この、2日目のランナップ自体、おこがましい言い方をすれば、tetoteの2人が一番喜んでくれるんじゃないかな、と思ってブッキングしました。

荒川&しば夫妻による、浮遊系〜直情的に憑依する、スピリチュアルサウンドで幕を開けます。

②アライヨウコ
19:35-20:00

美意識、という面においては、僕が言うのも恐れ多いけど、NECRONOMIDOL瑳里さん、あんびるはるか、トバさん(良い人)、DOGMAくん、それぞれ色は違うけど、通ずるところがあります。

アライヨウコさんの正義に用があるんですよね。

歌や詩のトピックは極々、日常半径50cm以内の事なのに、ここまで鋭い人は滅多にいないです。

③sound of nothing (yu watanabe)
20:10-20:35

僕の友人であり、Mr.感受性と言いますか、音楽がないと本当に生きていけない人。マニアな話もブラックジョークも、彼となら24時間イケる。

ノイズ、アンビエント、色んな捉え方はあるんだけど(最近じゃ四つ打ちにも挑戦してる)、少なくとも、僕は、yuくんの演奏に救われた一人です。

④たたらの目 
20:45-21:10

ドラムの岩崎巧真は、僕の人生で、恐らく最も長く一緒にいる後輩。地元も同じ、彼が中学生の頃からの付き合いで、ずっと音楽に没頭している。

たたらの目は、この日、最もロックンロールなテイストを持ってるけど、最も異端かもしれない。

僕はトリオバンドが好きだ。黒く染めて下さい。

⑤松波哲也 from 福井
21:20-21:45

最早、ex.一寸笑劇という肩書きはまるで必要のないレベルにいるシンガー。松波哲也、というジャンルを確立している。固有名詞が音楽である。

数々のバンドマンに一目置かれる彼は、僕の数少ない理解者であり、賢者のように尊敬してます。

この日は、松波さんがいないと始まらなかった。

⑥noffoff
21:55-22:20

中村いぶきちゃんのバンド。彼女の”どうしようもない”才能に惹かれて、集まったメンバーなんじゃないかと推測します。その”どうしようもなさ”は、音楽以外のデトックスが無い、言わば、”音楽に生かされている”存在だと思います。

メンバーの皆さんも、プライベートが忙しい中、調整/出演してくれて、本当に感謝しています。

以上、6組になります。予約はイープラスでも◎

P.S
ありがたいことに、パーカーの予約を結構頂いております…会場受け渡しになりますが、ご希望のサイズを教えて頂ければ、お取り置き致します!

f:id:indosei:20181108010657j:plain

f:id:indosei:20181108010757j:plain

f:id:indosei:20181108010858j:plain