印藤勢の新奇録

音楽「を」食べています

底にいた意味

連載、最新号でございます。

https://storywriter.tokyo/2018/06/08/0128/


f:id:indosei:20180609181922j:plain


昨日は、akanoblue,Shinobu Motoori Groupを観に立川へ

吉祥寺に戻ってから、裸体のシルエットおばくん、SMGシノブくん、関川社長、に加え、小手の石川も合流し、朝まで馬鹿話をしまして

ロマンとリアルの狭間で生きていたいから、笑い話も、いつか泣ける話に

辛かったこと、悔しかったことは、笑い話に

ノスタルジックに酔いすぎない程度に、まだまだ物語は続くんだな、と思いました。

「まだ何にも始まっちゃいない」

全てなげうっても、夢だけはある、腐る程ある。

そして、時間だけが残されている中で、”やりたくないこと”(自分じゃなくても良いこと)を見極め、

”どうしてもやりたいこと”

を見つけ出し、そこに心血をそそぐつもりでいます。

新宿という街で、出会い、時代、年齢、性別を超えて、僕らが”底にいた”意味を問われる番です。