印藤勢の新奇録

少数精鋭のロマンス

147人の同志へ

一蓮托生 2019 -share the same fate-三日間お疲れ様でした。24アーティスト、MEETSのスタッフの皆さん本当にありがとうございました。147名のお客様を僕らは誇りに思います。そのアンテナ、感度、純粋さに恥じぬようこれからも精一杯努力して、”最果ての地”…

音作り

もう機材の話は勘弁して下さい(笑)ってことで、トータルな音作りの話を少しまとめてみます僕には、持論があって、(特にヘヴィメタルは顕著に表れやすい)”ジャンル=イメージする音像”だと思ってます。例えば、『笑点のテーマ』を単音弾きで表現した場合、同…

エフェクター

もちろん、一番最初に買ったのはメタルゾーンだ。高1の時、B'zのLADY NAVIGATIONのギターソロあけのバッキング音がカッコ良くて、そのことを池袋イケベで店員さん相手に熱弁をふるったのだが、店内BGMで流れてたメタリカのブラックアルバムみたいな音はどう…

シールドとアンプ

根気よく続けてみます。シールドとアンプの話、先ず、シールドはやはり昔から全くこだわりがなく(もういい笑)カナレとか、2〜3,000円くらいのいわゆるスタンダードなケーブルを使っていた。モンスターとか、周りではすごく流行っていたけれど、ツアーに出る…

弦とピック

意外と、思ったより需要がありそうなので、もう少し続けてみます。次は、弦とピックの話し、昨日も、Blogを書きながら思ったんだけど、僕は恐らく”消去法”で、機材を選んでる節があるこだわり、よりも”これは苦手(自分にとっては)使い辛い”というポイントが…