印藤勢の新奇録

少数精鋭のロマンス

半生の模写

錬金術みたいなモノだと思った。


生涯をかけた、命を賭した、自分の音楽体験とライブラリー

ここ最近、改めて聴いたアーティスト

MEGADETH
PINK FLOYD
チャゲ&飛鳥
john frusciante

などなど、(PINK FLOYD以外は)自分の血や骨になっている音楽。

何故、若かりし頃、僕自身を魅了したのか?野暮な言い方だけど、ロジックを知りたい。

ヒルバレースタジオのお嬢(お世話になっているエンジニア)と話していて、次作はレッチリの『by the way』にあたるような感覚で臨めたら、と。

調べてみたら、あの作品をリリースした当時のメンバーと僕らは、ほぼ、同じ年齢だった。

明日から始まる。録音という半生の模写します。

f:id:indosei:20190210194149j:plainf:id:indosei:20190210194222j:plainf:id:indosei:20190210194308j:plain