印藤勢の新奇録

少数精鋭のロマンス

自分が主役

吉祥寺WARP、20周年おめでとうございました。


f:id:indosei:20181224214040j:plain


師走のスリーマンライブ、タイトル通り”曇天模様”そして、やっぱり雨が降るというジンクス?お決まりのパターンは回避出来ませんでした(笑)

お陰さまで、マシリトも再始動して2年が経とうとしている。やはり、当初、求められたのは、ライブそのものだし、その中で過去のナンバーを表現することでした。ただ、今は、年内中の目標だった”セットリストの半分ないし30%は新曲”というハードルを超えることが出来たので、満足してます。だけど、ここで立ち止まる僕らじゃない。

来年は、どうやら”結成から数えて20年”らしい。

実質、8年は冬眠してたから(笑)10年ちょっとだけど、やはり新作で示したい気持ちはあります。

時代は、サブスク/ストリーミングが主流になって、もう、たかだか半年前のシーン/事情/流れ、とは大きく変わっているので、(そういったことも含め)今は慎重にならざるを得ない感じです。

個人的な感覚では、やっと20%〜30%くらいの表現が出来るようになって来たので、自分(や自分たちの状況)を見つめ直す良い機会ですかね。

アンコールが出来なかったのも、そんな理由の一つかなと。柄にもなくあの場で話した通りです。

自分の人生で、自分は主役であるべきだし、(当然、周りに感謝はしているけれども)ライブや音源を楽しみにしてくれる人に嘘付きたくないんです。という、ただのエゴって事も理解した上で笑

ありがとうございました。

f:id:indosei:20181224214423j:plainf:id:indosei:20181224214436j:plainf:id:indosei:20181224214454j:plain