印藤勢の新奇録

少数精鋭のロマンス

立場 立ち位置 役割 存在

稲毛K's dream、素晴らしい夜でした。


f:id:indosei:20181122123031j:plainf:id:indosei:20181122124914j:plain


幾つか前のBlogに書いた通り、アルカラとは何回かご一緒させて頂いてて、今回、お互いソロでの初共演ということで、稲毛スタイル恒例の”前打ち”(オープン前に出演者全員で飲みに行く)をした辺りから、皆のグルーヴも上がってましたね。

たいすけくん、本当に素晴らしかった。

クオリティが化け物でした。なんだあの歌の求心力。『ボイジャー』という新曲のメロが未だ、頭から離れません。

田中店長いわく、アルカラはA面、マシリトはB面(わかる)って感じなんだけども笑、数年を経た今、お互い色々乗り越えて、これから!って時にまた再会の場を設けて貰って、本当に感謝しかありません。

先日のbacho,去年のQWAIや、LOSTAGEなんかもそうだけど、僕らより、オーバーグラウンドな世界で実力を発揮している彼らと久しぶりに共演することで、自らの空白の8年間を少し、取り戻すことができるというか、

これから与えられた時間の中で、与えられた局面、場所の一つ一つを丁寧にクリアして行くしかもう道はないんだと痛感させられる。それは、もちろん、ライブに限らず、制作活動においてもです。

練習、吸収あるのみ。

僕らは、僕らなりの立場で、立ち位置で、この役割を全うする他ない。存在を肯定する音楽になりたい。それが、超パーソナルな歌だとしても。