印藤勢の新奇録

音楽「を」食べています

イベントのお知らせ(day3)

というわけで、最終日のご案内を執筆しました。

f:id:indosei:20181108231550j:plain


【day3】

①CENTRAL DOGMA
19:00-19:25

僕が仲良くさせて頂いてるバンドの中でも、ブッチギリ最年少だと思います(今年の3月まで、高校生だったので!)。彼らとは、ANTIKNOCK在籍時に、スクールズアウトという高校生バンド全国大会予選で出会いました。当時から、ズバ抜けた演奏力、だけでなく、使命感/審美眼が強かった印象があります。シャイだけど、嘘がない4人組。

②alt of the society 
19:40-20:05

嘘がない、と言えば大人代表の4人組は、吉祥寺レペゼンの彼らしかいないでしょう。今年は、不思議なタイミングで、彼らに助けられることが多くて、家も近所ということから、とても信頼してます。ハードコアとロックの絶妙なスペースを透明度の高い言葉で泳ぐ。人間力と地元意識、超センシティブなアンサンブル、THEライブバンド。

③羅 悠靖 (Curve)
20:20-20:45

悩める青年像をそのままに生きる表現者。僕が女性に生まれてたら、ユウセイくんのことほっとかないだろうなぁ…といつも思います(笑)。3daysの内、唯一、英語で歌うのは、彼にとってそれが自然であり、時に、言語を超越する声の持ち主だから。歌に対する姿勢は、最早、マスタークラス。そして、ギターの音色は、語るよりも雄弁。

④the8flag
21:00-21:25

vo.gtの仁志くんは、Mr.天邪鬼、Mr.疑心暗鬼、Mr.捻くれ者(…つまり超ピュアなんです!)、色んな言い方はあるけれど「あれ?ロックバンドってそれでいいんだよね」ってことを毎回、思い出させてくれる、ホームランバッター。通称 ”無冠の帝王” とも界隈では騒がれているが、僕は、純粋に、彼の描く詩世界が好き。自己愛に破滅する。

⑤REPEATER
21:40-22:05

名ソングライターの橋本慎太郎くん率いる、新宿系轟音ドキュメントファンタジア。夢とリアルの狭間で、あくまで生活に根ざした音楽。エモ/ギターロック、解釈云々よりも、ステージの熱量が全てを物語るように演奏する。この日に対する想いを橋本くんがBlogに上げていたのでhttps://repeater-music.tumblr.com/post/179866071507/リンクします。(ちょっと持ち上げられ過ぎて戸惑うが…)

以上、5組になります。予約はイープラスでも◎

P.S
ありがたいことに、パーカーの予約を結構頂いております…会場受け渡しになりますが、ご希望のサイズを教えて頂ければ、お取り置き致します! 

f:id:indosei:20181108231642j:plain

f:id:indosei:20181108231934j:plain


f:id:indosei:20181108231948j:plain