印藤勢の新奇録

少数精鋭のロマンス

見えない明日を無闇に探して

普段、極力思い出さないようにしてること


それが忘れないための唯一の方法

字面にしてしまうと矛盾してるようだけれど、あながち間違いじゃないと思うんですが、共感してくれる人はいますか?

たまたま、自転車で練馬方面に行く用事があったから、昔、自分が住んでいて、バンドマンの溜まり場でもあった、

通称『練馬メタル荘』の前を通ってみた。

f:id:indosei:20181007061803j:plain


現在の家に引っ越して来てから、まだ3年しか経ってないから、ノスタルジックに浸るのも早い気がするが、ちょっとお墓詣りのフィーリングに近いというか…(笑)

「あの頃は若かった」

で、片付けられることなんて、本当は一つもないと思っている。

今も尚、現在進行形で、「いつか」の「あの頃」(つまり現在)を生きているんだと思う。

過去にやり直したいことなんてない

これからやり直せることを探す

綺麗事かどうかは、あそこにいた皆が最後まで見届けてくれたらいい

加藤登紀子さんの名演、紅の豚エンディングテーマ

『時には昔の話を』

が流れそうな風景

f:id:indosei:20181007061831j:plain


自分の人生が手紙になればいいのに

誰かに届くことを願ってます。

f:id:indosei:20181007061859j:plainf:id:indosei:20181007061911j:plainf:id:indosei:20181007061923j:plain