印藤勢の新奇録

少数精鋭のロマンス

自然なこと

あくまで、私信、雑記として


f:id:indosei:20180610172015j:plain


ずっと、バンド人生だった自分が、ソロライブを始めたきっかけは、今はなき、一之江emTENで、イタチのユウヤくん、Wrecking Crewのマーが呼んでくれたイベントでした。

ガチガチに緊張した自分を、原付きに乗って、環七を爆走して観に来てくれたのが、上京したばかりのregaの竜二

照明を限界まで落として、咳き込む音までがリバーブで響く中、その時間は始まりました。

その後、マシリトのアー写を撮ってくれている、ゼットの企画で、G-FREAK FACTORYのアコースティックver.と共演したりして、観に来たメンバーには散々、「観ていてこっちが恥ずかしい」と言われたり…

elephant of musicや、kacica、good by my bicycle、alt of the societyなんかともツアー回らせて貰いました。

両国SUNRIZEで働き始めたばかり頃の、池田(MUSHAxKUSHA)なんかとも、何回かやらせて貰ったり、静岡で、セックスマシーン、巨乳まんだら王国ともやったり、花団仕切りのサーキットイベントにも出させて貰ったり、群馬では、elekiのりょうくん、LOST IN TIMEの海北くんと演ったり、bachoと演ったり、NOTHIGNESSや、カサネイロに大阪呼んで貰ったり、鴉と秋田のタワレコで歌わせて貰ったり、QWAIの良一くんや、PONYくんと山梨→新宿でライブしたり、レイトくんとコラボさせて貰ったり、八王子でrem time rem timeのハッチやチョモランマトマトのナルトくんと演ったり…(今、思い出したけれど、奈良では、AYNIW TEPO美里&一也の結婚式で、LOSTAGEの五味くんとも演ってる笑)

あと、このイベント
はKIKUOと企画して、当時、ドリンクガールだった、あいちゃんがフライヤーを作ってくれたのを思い出します。

f:id:indosei:20180610172426j:plain


マタヒラくんのレポも、大変ありがたい。

つまり、思い返せば、結構、ソロでも動いているんだな、と思います。

昨年、松波哲也さんのライブを観て、「ああ、もう、俺なんかが片手間で弾き語りとかやるのは、やめよう」と思ったきっかけがあって、やっぱりバンドがメインな以上は、そっちを言い訳には出来ないし、恐れ多くも、バンドver.の劣化版、廉価版(に、なりかねないなら)なんて、自分は見せられないな、と痛感したのです。

週明け、13(水)に久しぶりに、一人で歌うんですけど、自分を引っ張り出してくれたユウセイくん(curve)に感謝します。

f:id:indosei:20180610172053j:plain


ここ、何週間か、自分のエレアコと歌に向き合ってみて、少しだけわかったことがありまして、以前は、”マシリトの印藤”とか、”SEI WITHの印藤”とか、そういうチャンネルの自分が、ソロの時も、付いて回っていたのですが、今は、個としての印藤勢が、バンドもやる、ソロもやる、Blogも書く(笑)という状態にまで、やっと持ってこれたので、本当にお陰様で、という感じです。

小岩で共演させて頂く、アライヨウコさんなんかは、早い段階で、そういう必然というか、”自然なこと”に気付いていると思います。だいぶ前から、そういう活動をしていることは知ってました。

一つ間違えれば、”自分大好き”な話(いや、その通りか笑)かもしれないけれど、少なくとも、そういう変化があった、ということ、それから、きっかけ、チャンスを頂いたということで、改めて、Blogに書かせて頂いた次第です。

多くの人は、シラネーヨ!って感じだと思いますが、、

マシリトも、SEI WITHも、バンドでのライブは決まっていないので(計画中)、そういう期間こそ、運命といいますか、目の前のこと、やることやって、次のステージに行きたいと思います。

久しぶりに、一人で遠征とかもしたいな…

オファーあれば、連絡下さい

真剣に考えてみます。