印藤勢の新奇録

音楽「を」食べています

美しい日々の終焉

f:id:indosei:20180528133707j:plainf:id:indosei:20180528192524j:plain



二日連続の長丁場を終え

ヘロヘロになりながら
明け方、自転車で帰るとき
ふと降りてきた言葉の群れ

夢を見れるのは、夢を見させてくれる人がいるから

夢を見せれるのは、夢を見たいという人がいるから

そのどれもが”有り難い”ということ。

リアルにいるから、ファンタジーが眩い

ファンタジーを想うから、リアルは濃くなる

”我々”

”僕ら”

という括りは、音楽を通して拡がり続ける

やがて終わりがあるらしいから

今は一緒にいて欲しい。

義兄弟の背中たち

美しい日々の終焉

カルマに抗いながら、また流されてゆくだけ

クソお世話になりました。