印藤勢の新奇録

音楽「を」食べています

誰かのスペシャル

f:id:indosei:20180405190533j:plainf:id:indosei:20180405190548j:plainf:id:indosei:20180405190601j:plain


昔、中2の頃、親父に連れて行って貰った佐渡島


海辺にテントを張り、水平線に落ちる夕日を眺めながら、口にした、サバの缶詰が、とても美味しかったことを思い出します。

シチュエーション効果で、そう感じたことは、もちろんなんですけど、親父が

「お前が、いつか、大人になって、一人暮らしを初めたとき、毎日、サバの缶詰だったら、きっとうんざりするんだぜ(笑)」

と言われたことを何故だか、ずっと覚えていて、だけど、内心

「そんなことないよ」

と、今でも、たまに、サバの缶詰を食べるときに、思い出したりするのです。

時代は、すごいスピードで移り変わり、いよいよ、

「僕も(私も)好き」

から、

「僕は(私は)好き」

を多種多様、選べるようになりました。

選んで貰った以上は、濃いものを提供できるように、心掛けていきたい。

逆に、自分が選んだものが、必ずしも、大衆的なモノではなくとも、そこに求める”濃さ”の部分に価値があるので、最早

「πの大きさ」

ではなく、

「πの濃さ」

に用事があるのだ、と痛感させられます。

フレンチのフルコースが良い、という人がいれば、サバの缶詰を好む人もいるでしょう。

自分は、あの日の夕焼けにはなれないけれど、シチュエーション込みで、そういった、誰かのスペシャルになりたいと、願っています。

f:id:indosei:20180405190757j:plainf:id:indosei:20180406145740j:plain


5.13@吉祥寺WARPのステッカーが届きました。

・鎖カフェ
・ヒルバレースタジオ
・吉祥寺WARP

等に置いてあります。

または、自分に直接会える方は、早い者勝ちでプレゼントしますので、宜しくお願いします。

(トップの写真は、5.13共演のAYNIW TEPO美里ちゃんが、十三FANDANGOで、撮影してくれたものです。ありがとうございます。)