印藤勢の新奇録

音楽「を」食べています

考えさせられる

雪が大変なことになってましたね。自宅の徒歩圏内は完全にノルウェーかフィンランドになっていました(行ったことないけど)。家までたどり着けない…

 

f:id:indosei:20180124231652j:plainf:id:indosei:20180124231709j:plain

 

とあるライブハウスのスタッフさんが、”音楽不況を嘆く前に、あなたはチケットを買ってライブを観てますか?/ サンプルCDを貰って満足してませんか?”的な発言をされていて、少しバズっていましたね。

 
狭い業界、身内の親戚に向けて書かれたものだと推測しますが、自分が不況を嘆く前に、消費者でなければいけない=消費者の気持ちなんてわかるわけない、という精神論も含めて、当たり前のスタンスだと思うのですが、バズってる様子を見ていると、逆にさみしい気持ちにもなりますね。
 
個人的には、それが当たり前で、先輩や仲間たちから教わり、そういう”粋でかっこいいこと”も含め、自然とシェアしているつもりですが、業界が業界を殺している!なんて極端な話(本来、お客さんは見聞きする必要のない話題)も耳にすると、すごい残念な気持ちになります。
 
もちろん、自分は、気になったバンドさんや、アーティストさんの音源をチェックし、対価を払い、ライブハウスを転々とするのが、現在の生業のコアな部分でもあるので、まさか、そういう部分に金銭を出し惜しみすることはありませんが。
 
裏方のデリケートな部分は、バンドさんや、アーティストさんが一番、見ないようにしてくれている、故に、最も気になる部分だと思うんです。
 
とは言え、せっかく”音楽”という”エンタメ”の大きなお皿の上で、最早マイノリティーサイドな”ライブハウスで鳴らされるロック”を我々は”あえて”選んだわけですから、純粋に、夢を見ていたいし、夢を見続けて欲しいと(余計なお世話ながら)思います。
 
ここ数日、モヤモヤしていたので、なんとなくまとめてみましたが、まさに”余計なお世話”の権化である自分は、改めて、変な仕事?なのか運動?なのか、あるいはそういう生き方しかできないのかもしれないけど、常に”自分で良ければ”というスタンスを崩さないように精進したいと思います。
 
あ、自己解決しました(笑)
 
引き続き、ライブを観てみたいと思えば、ピュアに足も時間も金銭も使いますが、やっぱり、信用している仲間たちから聞こえてくる評判は間違っていないな、と改めて思い知らされることが多いです。本当にいつも、ありがとうございます。
 
たった一言なんです、「最近、こいつらカッコイイんですよ」って教えてくれるきっかけは。いつも、そういう風に、生きていたいだけです。
 
 
 
 
本日の脳内BGMは、
 さて、B面の話はこの辺にして、A面に戻りましょう(笑)

今週末は、dues新宿にてSEI WITH MASTER OF RAM

f:id:indosei:20180124233305j:plain


20:10頃からの出番になりますので、お近くの方は是非!


久しぶりに新宿で歌うので、仲間の力が必要です。





来月は、マシリトが池袋、大阪にお邪魔します。


f:id:indosei:20180124233657j:plainf:id:indosei:20180124233716j:plain


予約は、自分のTwitter宛にDMでも承ります。