印藤勢の新奇録

音楽「を」食べています

自分で始めたことだから

書くのが遅くなってしまいましたが、小手、18年間の活動にして初めての単独フル、つまり1stアルバム、リリースおめでとうございます。

 

f:id:indosei:20180120231026j:plainf:id:indosei:20180120232012j:plain

 
新宿で、最も付き合いが長い仲間として、誇りに思っています。
 
自分がやってきたマシリトも、小手も、今よりずっと理解者はいなくて、それが逆に表現を磨く為の原動力になったタイプ、と言いますか、「これが本物なんだ」って虎視眈々と”その日”を待っていたんだと思います。
 
同じく、新宿の盟友、元SIDEKICK9、現TOYBEATSのダンクも、Blogに書いてましたが、竹原ピストルさん、MOROHA等と一緒に、小手のアルバムがタワレコの試聴機に並んでいる絵は、グッと来るものがありますね。
 
 f:id:indosei:20180120231322j:plainf:id:indosei:20180120232028j:plain
 
そんな彼らとは、紆余曲折あり過ぎて、あまり端折って説明したくはないんですが、特に付き合いの長い、ボーカルの石川が出会った当初からずっと言ってる(恐らく自身にも言い聞かせている)言葉、
 
「俺は小手を辞めない。自分で始めたことだから、辞めない。印藤もそうだろ?」
 
それから、自分が路頭に迷ってしまったときにベースの田平が教えてくれた一言、
 
「印藤だったら、昔は”迷ってるんだったらかっこいい方を選べよ!”っていつも言ってたじゃん。アレ、今のお前に当てはまるよ」
 
クソ不器用だけど、どうしようもなく捻くれた人たちだけど、もし、俯瞰で自分の人生に”青春”という時間があったとすれば、小手やSIDEKICK9と一緒にいた年数、その全てが毎日、青春だったのだと思います。
 
ご存知の通り、自分もまだまだ続けている。だから、今も、尚、青春進行中なのかもしれません。
 
本日の脳内BGMは、


小手 KOTE - Live "FIGHT KLVB"


さあ、いよいよ自分も出番です。


先ずは、SEI WITH MASTER OF RAMがdues新宿で、


f:id:indosei:20180120231511j:plain



そして、マシリトが池袋MANHOLE閉店ギグに、


f:id:indosei:20180120231558j:plain


※15:00開場のイベントですのでお間違いなく!



それから、大阪ではMUSHAxKUSHAのツアーファイナルに、


f:id:indosei:20180120231735j:plain



という感じです。


特に、SEI WITHも、マシリトも、都内のライブは次回未定ですので、宜しければ是非、足を運んでやって下さい。