印藤勢の新奇録

音楽「を」食べています

人生は一筆書きというセリフを聞いた。

昨日書いたBlogはどちらかと言えば裏方目線な話が多かったので、今度はバンドマン目線の総括を書きたいと思います。

 

f:id:indosei:20171224165410j:plainf:id:indosei:20171224165453j:plain

 
年始にアナウンスされた【KEEP AND WALK 10thコンピ】にマシリトから、おおよそ8年振りの新曲をドロップさせて頂きました。レーベルオーナー松尾くんの尽力もあり、Twitter等で瞬く間に拡散され、我々の【直射月光】という思い入れのあるナンバーが全国に届く瞬間でもありました。

間髪入れずに、2月、群馬県は【高崎SUNBURST】でのライブ。元オーナーのヒゲくんが我々の曲名を看板に掲げてくれたお店にて、マシリト名義のライブ。ヒゲくんの粋な計らいで、イベントがソールドアウトしてから、我々の名前を出してくれたことが嬉しかった。
 
3月、小手のワンマンライブ、O.Aとして三軒茶屋ヘヴンズドアに出演。この日も酸欠でお客さんが倒れるほどコアな音楽ファンに埋め尽くされていました。映像ディレクターのワタナベタカシさんを中心に【直射月光】のワンカメ、一発録りに挑戦。実は、自分と映像チーム以外、メンバーやお客さんも、撮影のことを知りませんでした(笑)


マシリト【直射月光 】LIVE MUSIC VIDEO

 
5月、SEI WITH MASTER OF RAMが下北沢THREEにて、自身がエレアコに持ち替えたバージョンを初披露。keyのyukadenpaさんが加入してから、試行錯誤して、辿り着いた答えでした。中断していたRECも再開し、秋口には【カモメナルコレプシー】という楽曲をYouTubeにアップ出来ました。両国SUNRIZEや、府中FLIGHT、吉祥寺WARP等でも、仲間たちのイベントに混ぜて貰えたのが嬉しかったです。


SEI WITH MASTER OF RAM【カモメナルコレプシー】

 
7月、マシリトで新宿ANTIKNOCKに戻る日。裏番組はフジロック(笑)、しかしながら会場には多くの仲間たちが駆けつけ、自分は信じられない光景を目の当たりにしました。まだ始まっていなかった、まだ始められる。そして水面下で進めていた新作【上】をサプライズで発表しました。自分のわがままで、マシリトで何かアクションを起こす以上は、新曲を共にしたい、という考え方が、当初からチームの皆に伝わっていたので、その目論見は間違っていなかったと思います。何より、自分自身が、”復活・再結成あるある”的寒いアクションを極度に嫌がってたので(笑)、やっぱり動かす以上は常に”現在進行形”じゃないと、と思っています。
 

f:id:indosei:20171224165631j:plainf:id:indosei:20171224165723j:plain

 
その後、奈良NEVER LAND、甲府KAZOO HALL、渋谷CYCLONEと、我々にとって非常に思い入れの深い、約束の地を巡礼するかの如く、ライブをさせて貰ったのは、大きな巡り合わせを感じ、感謝と確信がセットになった状態が、自分にとっても、あるいはメンバーやチーム、取り巻く環境にとっても、素晴らしい時間だったと思います。
 
11月は、自分の誕生日ということもあり、裏方目線や表(バンドマンとして)の顔も備えつつ、【新奇録】というイベントを2daysで個人開催しました。すっかりお馴染みになったキャラクターは、regaのベーシストAkinobu Aokiがデザインしてくれたもので、【MAKAIパーカー・Tシャツ】は、ETHNIC TOKYOさんの協力もあり、50枚近くが、あっという間に無くなりました。また来年も(出演してくれる人がいるなら)開催出来たら嬉しいです。
 

f:id:indosei:20171224165911j:plainf:id:indosei:20171224170002j:plainf:id:indosei:20171224170040j:plain

 
 
 
ざっと、ほぼ一筆書きでまとめるとこんな感じの2017でした。

※当然のように全ての出来事は書ききれないので、興味がある方はバックナンバーを眺めてみて下さい。
 
来年は、1/27@dues shinjukuにて
SEI WITH MASTER OF RAM

f:id:indosei:20171224170119j:plain

 
2/23@十三FANDANGO(大阪)
マシリト

f:id:indosei:20171224171247j:plainf:id:indosei:20171224171305j:plain

 
 
が決まっております。会場でお会いしましょう。話しかけて下さい。同じ穴のムジナ、同胞、兄弟、親戚だと思っています。