印藤勢の新奇録

音楽「を」食べています

想いは巡り、一瞬遠のく

自分が裏方として、携わらせて貰っている SAD COMMUNICATION 通称サッコミュのインタビューを星川崇さんにして頂きました。

 
 
↑コチラ
 
基本姿勢は、初心忘れるべからず!のまま進行中ですが、そろそろFINALのお知らせもしなければなりませんね。
 
一区切り、ということで、自分が携わって来たキャリアの中でも、群を抜いてバンドマンとライブハウスに愛されたシリーズイベントでした。
 
続報をお待ち下さい。
 
 
 
 
 
先日、稲毛K's dreamに、愛されブッカーはじめこばいんくんの、20年勤続記念イベントに顔を出して来ました。
 

f:id:indosei:20171101235815j:plain

 
esola,ZIONG HEAD,nilescapeという、涙腺破壊系バンドが、たっぷり長尺で楽しませてくれました。
 
野暮なので、言うのを控えてましたが、この日、マシリトもお声掛け頂いてました。が、タイミング合わずで、出演に至らず、申し訳ありません。
 
様々な理由がありますが、1年前、”ファンタジーの住人”名義で行った、実質上の復活ライブ(という言い方はあまり好きではないのですが)は、ここ、稲毛K's dreamでした。
 
もう少し、大きな恩返しをしたいと思ってます。
 
ゆっくり、タイミングとチューニングを合わせてます。もう暫く、お待ち下さい。
 
個人的には、esolaが、ナイルやジオングと同じステージ、だけでなく、楽屋、打ち上げ、にいる光景が、とにかくグッと来ました。
 
”続けること”は目的の一つかもしれないけど、
 
”続けてきたこと”を誇るのは、他でもない、君自身なんだよ
 
nilescapeの名曲、free fallが演奏される中、メンバーの背後から照らすライトは、フロアの皆と同じ影を作って、まるで映画のワンシーンのように、目に焼き付いて離れません。そして、
 
「僕の影は確かに明日へと伸びている」
 
 
 
 
 
 
さて、今週末から始まります、超自分主催なコチラのイベントにも、きっと色んなミラクルが訪れることでしょう。
 

f:id:indosei:20171101235857j:plain

 
Twitterの方では、ハッシュタグ #新奇録 で出演者の紹介などを行ってますので、チェック宜しくお願いします!
 
 
 
11/24金曜日には、マシリト聖地巡礼の旅ファイナル(勝手にw)ということで、渋谷CYCLONE 20th イベントにお邪魔します。
 

f:id:indosei:20171101235924j:plain

 
ちなみに、SEI WITHも、マシリトも、次回ライブは未定です。
 
お会い出来るのを楽しみにしてます。
 
 
 
 
 
本日の脳内BGMは、これしかないでしょう。