印藤勢の新奇録

音楽「を」食べています

親切設計

9/17(日)@奈良NEVERLANDで行われる、AYNIW TEPO主催パーティー、先ほど、8ottoの追加発表がされました。


f:id:indosei:20170907231146j:plain

 
また、10/22(日)@甲府KAZOO HALLの16thイベントもチケット発売開始とのことです。
 
 
 
 
先日、久しぶりに代々木にあるMUSE音楽院にて、ゲスト講師としてお招き頂きました。
 
カイモクジショウのvo.なっちゃんの恩師である、手島将彦 先生に呼ばれ、年に数回、お邪魔させて頂いております。
 
KSくんや、TEQUILA PARTY EFFECT、aoniの皆さんとも、この学校で知り合いました。
 
授業の内容は、時事ネタを挟みながらも、今、20歳前後の若者たちが「何に怒りを感じているか?」音楽に限らず、パーソナルな話題も含めて、皆さんとお話しをさせて頂きました。
 
本当にありがとうございました。
 
ネタバレをしてしまうと、つまりは今の日本、「親切」「丁寧」が非常に暴落しているので、とてもお買い得ですよ!という話です。
 
また、タイムリーなことに、MUSEに向かう行きの電車でTwitterをスクロールしているとき、ヱヰ十の西くんが、「争う理由は100あれど、平和でいたいという気持ちは皆同じ」そんな呟きをしていました。
 
自分はそこまで達観してませんが、今の20歳前後のリアル、を掘り下げた上で、今後、皆さんはもっと多くの人たち、あるいは大人と知りあっていくでしょうから、”自ら望んで門を叩いた世界”の中で、「親切であること」「丁寧であること」が素晴らしいことか、もちろん自分が言うまでもなく、皆さんが、両親や先生、友達に教わってきたことが、如何に価値のあるものか、ちょっと特殊な角度から、お話しさせて頂きました。
 
手島先生とは、授業後も対談を続けました。実は、将来的に記事として、残していく計画を進めています。電子文字になるか、書籍になるか、は未定ですが、既に3時間を超える内容を収録しています。
 
 
 
 
LANPAZIEの一連托生シリーズを観に行きました。
 
彼らなりのユーモアと人望で、集まった各地のサポートバンドたちは、どのバンドも異色で、例えばソロで出ていたex.HALOな しばちゃん でさえ、ちょっとおかしなムード(笑)を持っています。
 
自分が、彼らや、彼らを取り巻く環境が好きなのは、そんな異色だとか、特有だとか、つまりニッチであることに酔っていないからです。
 
皆、それぞれに技を磨き、鍛錬をし、相当の覚悟を持ってステージに立っています。もちろん、当たり前のことかもしれませんが、先述した「親切」「丁寧」であることに、普段から取り組んでいるからこそ、たった25分そこらの瞬発的なライブという思い入れが、パーソナルなモノから、フロアにいる人たちの心を揺らすことが出来るのだと思います。
 
ずっと応援し続けていきたいです。

 
 
 
本日の脳内BGMは、


オリオンのうた:マシリト

 
ありがたいことに、甲府の英雄、Qwaiの良一くんが、マシリトのカヴァーをしてくれています。
 
手前味噌な話ですが、イケメンが歌うと(またガットギターというところがズルい!)本当にイイ曲ですね…
 
10月、彼らのホームであるKAZOO HALLでの共演、非常に楽しみにしております。